足場が組まれた家

一条工務店の住宅の外壁塗装は専門業者がおすすめです

お家が見違えるように美しくなる一条工務店の外壁塗装

作業員の男性

新築で建てたマイホームも長年住み続けると外壁がボロボロになり、みすぼらしい感じになってきてしまいます。そんな時に外壁塗装をすれば、家は見違えるように美しさを取り戻します。そして外壁塗装工事をせずに放っておくと住宅の壁は劣化が進み、雨水などの侵入を防ぐことが出来なくなってしまうので、外壁塗装は家を守るために必要な工事なのです。いざ外壁塗装をしようと思っても幾らぐらいかかるのか、どこに頼んだら良いのかと迷ってしまいます。まず予算についてですが、30坪ほどの平均的な戸建ての場合、年数や塗料によって差はありますが、大体80万~120万円が相場となるようです。高い料金を取られたうえに、色むらや塗装ミスなどが無いよう業者選びは慎重に行いたいものです。その点、大手ハウスメーカーである一条工務店には、外壁塗装を安心して任せられるポイントがあります。まず、第一のポイントはどんな塗料でも塗装することが可能な「リシン吹き」という外壁サイディング材の塗装仕上げ。リシン吹きで吹きむらが出ないよう一条工務店では特殊セラミックを多層化させた「断熱塗料ガイナ」という塗料があるので、吹きむらを抑え夏の暑さや冬の寒さも解決します。またサイディングの最下部に使用する水切りにも、通常使用される鉄製ではなく銅板を使っていることもポイントになります。一条工務店に外壁塗装を依頼して、マイホームの美しさを取り戻しましょう。

一条工務店の外壁塗装で気軽にリフォームしませんか?

外観のリフォームは大掛かりだからなかなか気軽には出来ませんが、一条工務店での外壁塗装なら気軽にリフォームを行う事が出来ます。外壁塗装で壁全体の色を変える事も出来ますので、今までとはまったく雰囲気の違う外観にしたいと思うのであれば是非一条工務店に外壁塗装を依頼して下さい。外壁塗装は基本的に数年から10年程度でやる事が推奨されています。ですので、一生物ではありません。その為、かなり攻めた色での塗装などにチャレンジしてみるのも良いのではないでしょうか?

また、今までと同じ外壁の色で塗装してもらうのもおすすめです。それではあまり意味が無いのではないかと思われるかも知れませんが、一条工務店では色々な効果がある塗料を用意しています。ですので、その塗料を使ってもらう事で今までより快適に過ごす事が出来るようになります。とくに耐熱効果の高い塗料などは非常におすすめです。猛暑などの時の太陽熱から室内を守ってくれますので、是非検討してみて下さい。建物自体の温度が下がりますので、クーラーなどの利きも良くなり、それにより電気代も少なくなる事も珍しくはありません。

外壁塗装であれば建物を壊す事はありませんので、作業中にどこかへ一時的に退去しなければいけないという事もありません。とても気軽に出来ますのでリフォームを考えているのでしたら最もおすすめです。

一条工務店の家と外壁塗装の必要性

和風の家や和モダンの家などを建てたい時に最適なハウスメーカーが、一条工務店です。そんな一条工務店では、外壁にサイディングボードを使うことが増えてきていますが、ただボードを貼り付けるだけでなく、その上にリシンを吹き付けて仕上げる形が多くなっています。リシン部分はひび割れやすく、汚れも目立ちやすくなるため、一条工務店で建てた家を少しでも長持ちさせたいのであれば、定期的に外壁塗装をしておくことがおすすめです。

外壁塗装を行う時に、同時にしておきたいことがシーリングの打ち直しです。リシン部分の塗り替えを行えば、新築のような見た目を取り戻すことができるだけでなく、家の耐久性も上げることができるというイメージを持つ人もいるでしょう。しかし、サイディングボードを使った外壁の場合、ボードを繋ぐシーリング部分も徐々に劣化をしていくことになります。外壁塗装によって、家の耐久性を高めたいのであれば、このシーリング部分の補修までしっかりと考えておくことが大切です。そのため、外壁塗装には少し手間がかかることになりますが、全体を塗り直すことによって外観の美しさを取り戻すことができるだけでなく、これまでと違う色を選ぶことで外壁のイメージを変えることもできます。